三楽

閉じる

三樂だよりmagazine

「プリンシプルのない日本」

三樂文庫 2020.12.24

プリンシプルを辞書で引くと「原理・原則・根本」「主義・信条」と解される。

戦後直後のアメリカとの交渉に首相吉田茂の傍らで、常にプリンシプルを持って
相手が誰であってもハードな交渉に当たり、貫き通す。

 

「他力本願の乞食根性を捨てよ」

「イエス・マンを反省せよ」

「八方美人が多すぎる」

 

このような生き方に当たり前のように憧れる。

 

そう言えば先日、町田市にある白洲正子さんとの住まい旧白洲邸「武相荘」に行ってきました。

人生の半分を正子さんとこの茅葺屋根の家で過ごしたそうです。

静かでとてもいいところでした。

「プリンシプルのない日本」
  • 三樂文庫No:003
  • 著者:白洲次郎
  • 出版社:新潮社
  • 発行日:平成18年6月1日

この記事をシェアする

文章・写真: 三樂編集部