三楽

閉じる

三樂だよりmagazine

2019年9月 イタリアのタイル展示会Cersaie(チェルサイエ)に行ってきました。(ボローニャ)

レポート 2019.11.01

イタリア ボローニャ

お昼に成田空港を出発し、モスクワ経由でイタリア、ボローニャに当日の夜22時に到着しました。アエロフロート経由便の長旅の為、ちょっとだけ贅沢をして少し広めの座席にしました。これだけでも疲労感に十分違いがありますが、それでも、モヤモヤしてあまり眠れませんでした。

最初の宿泊先「ホテルコスモポリタンボローニャ」のエントランスです。
平らな石でできた個性的なポットに入っている白くて大きなカズラの花が出迎えてくれます。

 

セラミック・タイルと浴室、洗面など水廻り家具の国際展示会 Cersaie(チェルサイエ)

 

Cersaie(チェルサイエ)会場です。
数多くの展示館があり、タイル本業の方々は全部見るのに数日間かかる?かもしれません。

 

 

今回の目的の一つ、Cersaie(チェルサイエ)にやってきました。毎年、この分野の革新的な商品を、洗練された展示方法で紹介しており、イメージを膨らませることができます。また、展示ブースのひとつひとつが丁寧に作られていて、インスタレーションを感じる作品ばかりでした。

かたや、「商談」という熾烈な場でもあります。

商談成立には基本「その国に1商品、1社しか販売しない」というルールがあります。言わば「早いもの勝ち」の様相ですが、コンテナ単位の契約ですので、既に決定した案件の商材選択とは異なり、ゼロから販売していく我々は、あらゆる角度から即断即決する必要に迫られます。決して安い買い物ではございませんので……

前回に引き続き、今回も「これは」と思う商品が既に他社さんで契約ということがありました。

華やかな展示と裏腹に商談タイミングの厳しさを同時に感じる緊張感のある1日でした。

 

わかりにくいですが、中2階から会場を見渡すとこんな感じです。
日本と違って、各ブースが天井までしっかり作っています。

 

2019年のCersaie(チェルサイエ)は合計112,340人の訪問客を記録したそうです。

 

この記事をシェアする

文章・写真: 三樂編集部