三楽

閉じる

施工例Garden construction Exsample

迎える庭 06

迎える庭 2019.11.05

アイキャッチ画像

使用石材 ソリッドシリーズ

仕様:前後面=割肌 側面=手のみ痕

ソリッドA    2000*150*140〜160     3本

ソリッドA’    2200*150*40〜160    12本

ソリッドB    2000*350*140〜160     5本

ソリッドC    1800*900*65〜95          1枚

ソリッドD    1200*600*50〜75         12枚

ソリッドE     1000*350*140〜160   24本

ソリッドF     1500*350*45〜75         9本

ソリッドG    900*900*65〜95             2枚

フォレスト厚コバ 750*90*90      13本

揖斐黒石   φ50〜300㎜

 

ソリッドA’は、長さ2,200㎜。
配筋された基礎で、長さ(高さ)を活かした列柱は重厚感があります。
足元はソリッドBを寝かせ、道路から高低差の少ない敷地を「土塁」さながらに土留兼植栽スペースとし、昨今のゲリラ豪雨に配慮し、道路からの冠水に備えています。

 

駐車スペースは、コンクリートで「洗い出し仕上げ」と「金鏝押さえ仕上げ」。
併せて、アプローチにソリッドC、ソリッドGを使用して歩車道を分けています。

 

ゲスト駐車スペースは、重厚な自然石列柱までの緩衝帯。
グランドカバーに「ダイコンドラ」とフォレストペイビング、ソリッドEが使用されています。

 

ソリッドA’と枝振りの良い「アオダモ」を前後に配置し、奥行き感を出しています。

 

鉄のフラットバーで列柱を繋ぎ「線のデザイン」で一体感を持たせ、半回転し「面」に二所帯のお名前をくり抜いています。

 

ソリッドの狭間にフォレスト厚コバを入れ、アクセントに……

 

ゲスト用カースペースを兼ねたフロント部は、余裕を持たせた道路からの緩衝帯。
所々に「揖斐黒石」を配置し、単調な平面部にゴツゴツ感の黒色で変化を持たせています。

 

既存のハナミズキの足元にシダ、元々あった形の良い「小松石」を配置。

 

ソリッドC(砂岩)と元々あった御影石で新旧の組み合わせのアプローチ。

 

ソリッドFのステップはノミ痕が唯一無二で印象的な「蹴込み」になっています。
高さが微妙に違うため施工時の調整が必要です。

 

ある程度普遍な石材(自然石)に対して、植物たちは四季折々姿を変え成長し、移り変わる時と共に栄枯盛衰を見る事ができるでしょう。

庭は、長く住まわれるお住まいとして、共に成熟し、人に、家に、町に馴染んでいくと思います。

季節を重ね重ねた頃、またお目に掛かりたいです。

 

 

 

使用した商品
施工店のご紹介

有限会社環境設計工房-プタハ

住所:東京都調布市仙川町3-5-14  メープルリーフガーデン307
Web:http://kankyou-ptah.net/contents/profile.html

この記事をシェアする

迎える庭の施工例一覧