三楽

閉じる

三樂だよりmagazine

廃炉 「敗北の現場」で働く誇り

三樂文庫 2021.03.11

あれから10年が過ぎました。

何が変わって何が変わっていないでしょうか?

 

この書は「福島第一原子力発電所=イチエフ」で働く人達の

仕事を始めた動機、意気込み、不安、変化、誇りなど、関わる様々な

登場人物の「仕事とは」「働くとは」何か?

の角度から著者の取材を重ねたドキュメントです。

 

この事故を境に「原子力発電」の存在自体、意見が別れます。

火力発電のまかない、自然エネルギーの活用、CO2排出の少ない原子力の大事故…

そのような中、イチエフは間違いなく「廃炉」にしなければならない。

 

「きっと誰かがやっているのだろう」

と私を含め多分大多数の気持ち。

「これは誰かがやらなければならない仕事なのだ」

と思った登場人物。

 

そのようなボクがやる、私がはたらくをみせていただいて

私が生きている間には終わらない「廃炉作業」を

そこに関わり、そこで働く人たちを想像しながら

これからも見守っていきたい。

廃炉 「敗北の現場」で働く誇り
  • 三樂文庫No:015
  • 著者:和泉 連
  • 出版社:新潮社
  • 発行日:2021年2月15日

この記事をシェアする

文章・写真: 三樂編集部