三楽

閉じる

三樂だよりmagazine

「BISES 共感のエナジー」 ガーデニング誌『ビズ』の記録

三樂文庫 2021.05.03

事務所の本棚には1999年6月発刊の「BISES」創刊準備号、プレジデント社から

71号ベネッセコーポレーション最後の発刊、2011年6月「BISES」72号(創刊20周年記念号)までが並んでいる。

「BISES」のファンでした。

今一度パラパラ読み返してみると、好きな曲のように当時のことが思い出される。

 

どれも美しい画像が紙面を飾っている華やかなガーデン雑誌だ。

園芸でも造園でもない”ガーデン””ガーデニング”の言葉が1997年には

流行語大賞トップ10にもなり、市民権を得ました。

 

国内では、蓼科の”バラクライングリッシュガーデン””八ヶ岳倶楽部”

1999年から始まった「国際バラとガーデンニングショー」

オランダの街を模した”ハウステンボス”

2009年には、”チェルシーフラワーショー”を見学したりロンドン郊外の名だたる庭園を

見て廻りました。

とにかく「美しく」「夢がある」ガーデンに魅了されていました。

 

「BISES」はいつもその傍らにありました。

 

この著で特に、第四章の「覚醒する日本のガーデン」では、

全国に広がるガーデニング愛好者の活動

第五章では、東日本大震災と「3.11ガーデンチャリティ」の活動は、

雑誌編集を超えた”ガーデン”の捉え方、領域を広げたものと思われます。

 

「BISES」は、2017年より休刊となっています。

復刊または、新たな暮らしと庭をテーマのプラットフォームが出来ることを

願います。

 

また、本日5月3日より、「横浜ローズウィーク」が始まります。

 

著書:「BISES 共感のエナジー」 ガーデニング誌『ビズ』の記録

 著者:八木波奈子

発行所:文芸社

発行日:2021年1月15日  

「BISES 共感のエナジー」 ガーデニング誌『ビズ』の記録
  • 三樂文庫No:022
  • 著者:八木波奈子
  • 出版社:文芸社
  • 発行日:2021年1月15日

この記事をシェアする

文章・写真: 三樂編集部