三楽

閉じる

三樂だよりmagazine

「重森三玲」 庭を見る心得

三樂文庫 2021.04.26

京都の庭を見て廻ると、鎌倉時代の「夢窓疎石」、安土桃山時代の「小堀遠州」の作庭による
庭の多いこと。

幕末の「小川治兵衛」…
そして明治から昭和の「重森三玲」は、時代が近く感じます。

特に重森三玲の東福寺「八相の庭」は、明らかにそれまでに見てきた”京都の庭”とは
素人目にもわかりやすい違いでした。

昨年初めて訪れた山口県でも2箇所(周南市の「漢陽寺」山口市「常栄寺:南溟庭」
の重森三玲の庭を見て、もう少し知りたいと気になっていた所、

この書が目に止まり、手にしました。

著書:「重森三玲」 庭を見る心得
著者:重森三玲
発行所:平凡社

平凡社が刊行した「STANDARD BOOKS」第3期 全8巻の内の1冊

重森三玲 庭を見る心得
  • 三樂文庫No:021
  • 著者:重森三玲
  • 出版社:平凡社
  • 発行日:2020年4月15日

この記事をシェアする

文章・写真: 三樂編集部