三楽

閉じる

三樂だよりmagazine

「フライブルクのまちづくり」 ソーシャル・エコロジー住宅地ヴォーバン

三樂文庫 2021.02.01

たまたまNHK「旅するドイツ語」で紹介されたフライブルクの街をTV録画で見ていました。

女優の佐藤めぐみさんと案内役ブューラ・ロージさんがこの町を訪れ、

「パンに始まりパンで終わる黒い森の旅」というタイトルの月で

「食と景色と…」

 

わたしが目に止まったのは市内の「ヴォーバン地区」です。

環境先進国のまちづくりがどのように作られていったか?

興味深くこの本に誘導されました。

エネルギーやゴミ問題にとどまらず、住民主導の「サスティナブル・コミュニティ」の実践が記録されていました。

「循環型で持続可能なまちづくり」は、そこに住む人達の努力が欠かせません。

あらゆる案件を住民が決めるため、必ず賛否は起こります。

コミュニティの重要性も学びました。

ちなみに、この町(フライブルク)の都市の環境保護に兆しが見え始めてのは1968年から…

長く多くの積み重ねがあります。

 

昨今の「SDG’S」「サスティナビリティ」のはるか先駆けですね。

環境先進国「ドイツ」に見習う点は山程です。

 

発行:2007年12月10日
著者:村上 敦
発行所:学芸出版社

フライブルクのまちづくり
  • 三樂文庫No:009
  • 著者:村上 敦
  • 出版社:学芸出版社
  • 発行日:2007年12月10日

この記事をシェアする

文章・写真: 三樂編集部