三楽

閉じる

三樂だよりmagazine

「日曜日の住居学」 住まいのことを考えてみよう

三樂文庫 2021.02.22

地方から東京に転勤になった折、なんの躊躇もなく賃貸マンションに引っ越しました。

その流れで?数年後マンションを購入して、はや25年…

 

この書は、サブタイトルどおり「住まいについて考えてみよう」とプロの設計家が

一般人向けに伝授して頂ける内容になっています。

 

1983年「リビングルームって何だろう」丸善出版より、1995年講談社+α文庫として刊行されたものです。

 

あとがきを担当された松家仁之氏曰く、東日本大震災のはるか前に亡くなられた宮脇檀(まゆみ)氏は、この当時より「住まい方」「暮らし方」についての警鐘を鳴らしていたことに気づくと記しています。

 

別の視点で、著者は裕福でアカデミックな家庭環境の中で育ち、建築家を目指し

励まれたものと推測します。

私の両親と同世代なので身近にも感じますが、その家庭環境の違いから「思考」も、「嗜好」も

「生き方」「暮らし方」については大きく違いがあるものだと比較、感心してしまいました。

 

その息子世代のわたし、感心している場合ではなく、

還暦も過ぎ、遅ればせながら初めて「住まいのことを考えてみよう」

と思いました。

日曜日の住居学
  • 三樂文庫No:012
  • 著者:宮脇 檀
  • 出版社:河出文庫
  • 発行日:2013年5月20日

この記事をシェアする

文章・写真: 三樂編集部