三楽

閉じる

三樂だよりmagazine

「植物博士の人生図鑑」(牧野富太郎)

三樂文庫 2021.01.18

こんなに純粋に、ひたすらに、直向きに植物を愛し、研究した人はいるだろうか?

一生を一つ事に打ち込んだ人生は「やり遂げた」感の想像が計り知れない。

 

一昨年の冬に訪れた高知市内にある「高知県立牧野植物園」は、一年を通じて温暖な気候に

多様な植物の息遣いを感じることが出来ました。

高知へ行ったらお薦めの特別な「植物園」です。

 

また、東京練馬区には住宅街に「練馬区立牧野記念庭園」があります。

亡妻、寿衛子に因んで名付けられた「すえこざさ」が生息しています。

夏の盛りに行きましたが、高木に覆われ暑さも感ぜず、

こじんまりとした園内、ゆっくり散策も良いと思います。

著書:「牧野富太郎」 植物博士の人生図鑑
編者:コロナ・ブックス編集部
発行所:平凡社

発行日:2017年11月24日

 

続けて平凡社のスタンダードブックスもご紹介します。
帯の強烈なキャッチは、
私は植物の愛人として この世に生まれてきたように感じますー
「日本植物学の父」が綴る、発見と喜びの94年

梨木香歩さんの栞には、題「永遠の牧野少年」と表している。

 

著書:牧野富太郎 なぜ花は匂うか
著者:牧野富太郎
発行所:平凡社
発行日:2016年4月11日

植物博士の人生図鑑
  • 三樂文庫No:006
  • 著者:コロナブックス編集部
  • 出版社:平凡社
  • 発行日:2016年4月8日

この記事をシェアする

文章・写真: 三樂編集部