トップ > 取扱商品 > エコアコールウッド

ECO ACCORD WOODエコアコールウッド

強くてやさしい、新時代の保存処理木材。

良質な国産杉の間伐材に特殊な保存処理を施すことで、木材の弱点である「割れ」や「腐れ」などをカバーした、画期的なウッドデッキ材です。その耐久性は、通常の木材の5倍以上。
また、保存処理に用いる薬剤そのものも無害で溶け出す心配がなく、廃材はリサイクルが可能。焼却しても有害なガスを発生することはありません。

優れた耐久性と環境にやさしい無毒性が評価され、多くの住宅・自治体及び、民間企業に採用されています。

取得AQ認証(日本住宅・木材技術センター優良木質建材等認証材料)
国土交通省NETIS登録 JAS認定
使用箇所ウッドデッキ・公園・幼稚園・橋・個人宅・池の柵
使用理由幼児・妊婦・高齢者・ペットなど、少量の有毒物で人体に影響のある方への配慮。

エコアコールウッドについて

エコアコールウッドの取扱い理由

エコアコールウッドは木材の短所である割れ・腐れを抑制した画期的な保存処理木材です。

資源としての森林活用
森林は環境を保全しながら森林資源を接続的に使用する仕組みが大切です。 それを実践し、活用性の高い商品を生み出したのが、福岡県産の杉間伐材を活用したエコアコールウッドです。 世界の森林が過度な開発、乱伐や焼き畑により森林面積が減少しているのとは裏腹に、日本の人工林は「利用されない事による危機」に陥っています。長期的な木材価格の低迷により、必要な整備が行われず、森林がヤブ化し、生息する生物の種類も少なく、森林に期待される水を浄化する力、蓄える力、土壌を保持する力を失いつつあります。 人工林を維持するためには木材を適度に利用することが大切です。 人の手を加える事(間伐・除伐・枝打ち)で森に光が差し込み、新たな活力が生まれます。 結果、日本の森林保全に繋がります。
日本の自然素材
三樂のコンセプトは、創業以来「緑を生かす自然素材」を標榜してきました。 そしてこれからの時代、加えて「Made in Japan」 過酷な外部空間(紫外線・湿温度・大気汚れ)に耐えうる新たな防腐処理の改革により、他の樹種よりも劣るとされていた杉材が耐候性を備え、木材の質感(木目)をそのままに、加工性、塗装適応、サイズヴァリエーションなど表現や可能性を増した素材に変わりました。 「資源としての森林活用」の考え方に賛同するとともに、皆様方とともに外部空間での活用の仕方を考え、今後ご提案していきたいと思います。 次項からのエコアコールウッドのご説明を十分にご理解の上、今後、外部使用時のウッド素材選択肢の一つとして御認識、ご活用いただければ幸いです。